• ホーム
  • 尿管や薄毛を改善する内服薬メーカーが提供する媚薬

尿管や薄毛を改善する内服薬メーカーが提供する媚薬

困っている男性

男性ホルモンのテストステロンは、骨格や筋肉の発育に関与している物質で、思春期に分泌量が急激に増加します。
これにより、男性的な特徴が形成されるのですが、この内の一部は5α還元酵素に変換されたことにより、DHTという物質が作り出されることになります。
こちらの物質は、penisの発育に関与する他に、テストステロンをサポートするというのが本来の役割です。
ところが、この物質は悪玉男性ホルモンとも表現されている様に、前立腺肥大や薄毛の原因物質でもあります。
このために、テストステロンの分泌量が低下する更年期世代以降は、DHTが占める割合が多くなるために、頭髪や尿管の不調が発症するケースが多くなります。
この不調を改善するために提供されているのが、DHTの生産に関与している5α還元酵素の活性を阻害するfinasterideです。
このfinasterideは、アメリカの製薬メーカーが提供している内服薬で、日本ではプロペシアという商品名で提供されています。
また、同じ主成分を配合した後発医薬品が既にインドの製薬メーカーにより開発されており、お手頃価格で購入することが出来ます。
なお、これらのインドの製薬メーカーは、様々な医薬品を取り扱っており、個人輸入代行業者で入手することが可能です。
ED治療薬のバイアグラと同じ主成分を配合したlovegraは、インドの製薬メーカーが提供している内服薬で、媚薬の様な内容を備えています。
これは、clitorisへの血流量が増加して感度が良好になるからで、服用後1時間程度で効果が発現します。
男性の場合は、勃起不全が改善されるだけという単調な作用でしたが、女性の場合は性器の機能が異なるために、違う作用があらわれることになります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧