• ホーム
  • 医院でも処方される媚薬バイアグラ

医院でも処方される媚薬バイアグラ

医院でも処方される媚薬で代表的なのが、バイアグラです。
アメリカで最初に発売されましたは、日本人男性は夢の薬として個人輸入業者を通して買っていました。
医院による正しい服用方法を知らされず、注意点を守らなかったので重い副作用が出た人もいます。
そこで日本も急速にバイアグラの販売を許可したことで、日本の医院でも精力に問題を感じている人にはバイアグラを処方するようになりました。
日本で許可されているのは25mgと50mgのバイアグラです。
有効成分のシルデナフィルは、元々は狭心症の治療に用いられていましたが、勃起不全も改善できます。
男性は常にペニスを勃起させるわけにはいきません。
生活に支障が出て気分も不快になります。
人間の体は勃起を抑制する酵素を持つことで、必要な時にだけ勃起させることが可能です。
バイアグラはこの酵素を作用を阻害することで、性的興奮を受けるときちんと勃起させられます。
血流も良くなって勃起状態が続けば、ペニスのサイズアップも期待できます。
保険は適用されないので購入するにはお金がかかりますが、保険証を提示する必要はありません。
バイアグラはペニスを持つ男性だけに効果があります。
血流を良くすることで女性器の感度が良くなるのではと女性への処方を期待する声もありますが、基本的に女性に処方することはありません。
女性の媚薬には女性用バイアグラとも呼ばれるラブグラがあります。
これも自費診療で医院からの処方で入手できます。
産婦人科に行って不感症であるなどの相談をすると良いです。
ラブグラも通常のバイアグラと同じシルデナフィルを主成分としています。
初めて服用する場合は効果が強すぎることがあるので、半錠だけ服用します。

関連記事