• ホーム
  • 勃起不全と食事の関係を知ろう

勃起不全と食事の関係を知ろう

勃起不全を治療したいという場合、信頼できる精力剤や媚薬などを使用すると良いでしょう。
勃起不全にはさまざまな原因がありますが、肥満によって引き起こされることもあるのです。
肥満とはただ体重が重いということではなく、体脂肪が過剰に蓄積した状態のことであり、身長と体重から計算されるBMIによって肥満かどうかが判定されます。
BMIは 22が標準とされており、BMI 25以上の場合は肥満となります。
なぜ肥満が勃起不全の原因になるのかということですが、体脂肪が過剰に蓄積されることで糖尿病や高血圧などの生活習慣病にかかりやすくなるためであり、動脈硬化が進行することで血流が悪くなってしまうのです。
勃起は陰茎海綿体に血液が流れることで起こるものであり、勃起に必要な血液が海綿体に十分流れなくなることで勃起不全の原因となります。
ちなみに、ペニスの動脈は細くデリケートであり、動脈硬化の影響を受けやすいとされています。
食事で肥満や生活習慣病を予防することにより、勃起不全の予防にも繋がるでしょう。
まずは食べ過ぎないことが大切であり、腹八分目を心がけることが大切です。
タンパク質は体に必要となる栄養素なのですが、肉類にはコレステロールも多く含まれているため、肉は控えて魚や大豆製品を積極的に食べるようにしましょう。
また、ビタミンやミネラル、食物繊維は不足しやすいため、野菜や海藻類などから摂取することが大切です。
塩分を摂りすぎることで高血圧になりやすくなるため、できるだけ味付けを薄くすることはもちろん、加工食品などにも塩分がたくさん含まれているので注意が必要です。
バランスの良い食生活を心がけることや、夜食・間食を控えめにすること、よく噛んで食べること、規則正しい食生活にすることにより、生活習慣病を予防することができるでしょう。

関連記事